看護師の失業保険をもらえない事例は?

看護師の失業保険TOP >> FAQ >> 看護師の失業保険をもらえない事例は?

看護師の失業保険をもらえない事例は?

看護師が失業保険をもらえないケースにはどのようなものがあるのでしょうか。この点は退職する際だけでなく、転職先を探す際にも重要なポイントとなってくるので把握しておきましょう。

まず基本中の基本としてその職場にどれだけの期間勤務していたか。具体的には「被保険者」であったか。失業保険に関しては被保険者の立場として12ヶ月以上在籍していないと受け取ることができません。看護師は離職率が高く、1年以内に退職してしまうケースも決して少なくないだけに注意が必要です。失業保険を受け取れる環境で退職したい場合にはその職場にどの程度の期間働いていたのかをしっかりと確認しておきましょう。

もうひとつ、非常に重要なのがその病院が雇用保険に加入しているかどうか。当然雇用保険に加入していない病院ではどれだけ長く働き続けても失業保険を受け取ることができません。総合病院や大学病院といった、規模の大きな病院ならこの点は問題ありませんが、小規模のクリニックなどでは加入していないケースもあるため、この点は就職する段階で確認しておく必要があります。なお、失業保険とはタダで貰えるものではありません。雇用保険に加入し、毎月保険料を支払ったうえではじめて受給を受ける資格を得られます。雇用保険に加入している病院の場合、毎月の給料からこの雇用保険の保険料が差し引かれていますから、給料明細で働いている病院が雇用保険に加入しているのかどうかを確認しておきましょう。そしてもし加入していない場合には失業保険は受け取れないことを前提に貯金を増やしたり、退職する際には適切なタイミングを見計らうといった対策も必要です。

なお、失業保険の支給を受けるためには所定の手続きが必要ですが、その際に必須となるのが退職した職場から受け取る「雇用保険被保険証」です。失業保険を受け取れる資格を満たした上で退職する際には必ずこの書類を勤務先から貰っておきましょう。滅多にないケースですが、トラブルが原因で退職した場合には病院側がこの書類を発行してくれないこともあります。そうした点からも退職時にはなるべく円満に辞めるよう心がけることが求められるのです。

もうひとつ、もらえない事例として覚えておきたいのは「すぐに働く意志がない」場合です。雇用保険は原則として失業した人がすぐに再就職する気があり、その間の生計を支えるための制度です。そのため退職後にしばらく働く意志がない場合には受け取ることができません。結婚や出産が原因で退職した場合には注意が必要です。

看護師の転職成功実績が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 看護師の失業保険FAQ【※仕事を辞めたら読むサイト】 All Rights Reserved.